(公社)日本雪氷学会 北海道支部
雪氷災害調査チーム
ログイン
雪氷災害調査チームへの問い合わせサイトマップ:  
»HOME  » Wiki  » B-Wiki - さっぽろ積雪の情報/2019-12-06
目次
Wiki 最新記事
RSS


問い合わせ
(公社)日本雪氷学会
北海道支部
雪氷災害調査チーム
事務局
::問い合わせ::
訪問者
Today
Yesterday
Total
FROM 2007/11/20
(公社)日本雪氷学会 北海道支部
雪氷災害調査チーム

20191206屯田  

<< 2019.12 >>
[さっぽろ積雪の情報]
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

*さっぽろ積雪の情報ご利用の注意*

第4号
観測場所:札幌市北区
観測者:“傘寿の眼” 秋田谷英次
(公社)日本雪氷学会北海道支部雪氷災害調査チーム
第4号です。衛星写真と雨雲(雪雲)の重ね合わせで、雪の降り方がより分かりやすくなったのでは?

12月4日、5日は強い冬型、各地で風雪による事故等が多発、臨時 休校もあった。札幌、石狩とも予報では、4日、5日とも降雪の予報。 しかし、4日にわずかに降雪を記録したが、5日は降雪ゼロ。 従来から言われているが、西風の時は札幌圏は積丹半島の山並み の陰になり、雪雲は進入しない(図参照)。 4日の屯田で観測した降雪粒子は「ほとんどが小さな雲粒の集合」で あった。日本海から西風による筋状の雲(対流性)がこの雪を降らせ た。この2日間、アメダス石狩では5mmの降水、アメダス岩見沢では 19.5mmの降水があり、積雪深は2cmから36cmに増加した。
file20191206屯田.pdf
20191206屯田.jpg
2000x1125 649.6KB


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Copyright © 2007-2020(公社)日本雪氷学会北海道支部雪氷災害調査チーム