(公社)日本雪氷学会 北海道支部
雪氷災害調査チーム
ログイン
雪氷災害調査チームへの問い合わせサイトマップ:  
»HOME  » Wiki  » B-Wiki - さっぽろ積雪の情報/2020-02-29 のバックアップソース(No.2)
目次
Wiki 最新記事
RSS


問い合わせ
(公社)日本雪氷学会
北海道支部
雪氷災害調査チーム
事務局
::問い合わせ::
訪問者
Today
Yesterday
Total
FROM 2007/11/20
(公社)日本雪氷学会 北海道支部
雪氷災害調査チーム
さっぽろ積雪の情報/2020-02-29 のバックアップソース(No.2)

*20200229屯田 [#g26cc6e5]
#block(start)
#calendar2(さっぽろ積雪の情報,202002,off)//ここの年と月を変更,日は不要
[[*さっぽろ積雪の情報ご利用の注意*>さっぽろ積雪の情報]]
#block(next)
|650|200|c
|&areaedit(){第38号&br;観測場所:札幌市北区&br;観測者:“傘寿の眼” 秋田谷英次&br;(公社)日本雪氷学会北海道支部雪氷災害調査チーム};|&areaedit(){2月29日 6:45~7:40 晴れ 気温-8.2°C 積雪深:67cm 2/25以降晴天、放射冷却で冷えるが、積雪の下半分 は0°Cのまま、含水率はほぼ0%。したがって、下層に はまだ「しまり雪」が残っている。さらに3層には雲粒な し降雪層が保存されている。 粒子撮影には第33号で示した手製のグッズを用いると 、撮影用粒子の分散が、簡単に、手早くできる。 粒子が重ならないように分散させるのに、長年苦労し たしたがこれで解決。 雪の穴掘りから粒子撮影まで1時間弱。粒子は約50枚 撮影(400MB)。&br;};|
|&attachref(20200229屯田.pdf,zoom,640x480,button){ファイル張り付けボタン};|~|
|&attachref(20200229屯田.jpg,zoom,640x480,button){ファイル張り付けボタン};|~|


#block(end)
#navi(../)
//一般OK


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Copyright © 2007-2022(公社)日本雪氷学会北海道支部雪氷災害調査チーム