(公社)日本雪氷学会 北海道支部
雪氷災害調査チーム
ログイン
雪氷災害調査チームへの問い合わせサイトマップ:  
»HOME  » Wiki  » B-Wiki - さっぽろ積雪の情報/2020-02-21
目次
Wiki 最新記事
RSS


問い合わせ
(公社)日本雪氷学会
北海道支部
雪氷災害調査チーム
事務局
::問い合わせ::
訪問者
Today
Yesterday
Total
FROM 2007/11/20
(公社)日本雪氷学会 北海道支部
雪氷災害調査チーム

20200221屯田  

<< 2020.2 >>
[さっぽろ積雪の情報]
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

*さっぽろ積雪の情報ご利用の注意*

第35号
観測場所:札幌市北区
観測者:“傘寿の眼” 秋田谷英次
(公社)日本雪氷学会北海道支部雪氷災害調査チーム
2月21日 晴れ 6:45~ 気温 -2.8°C 積雪深63cm。 2/16~17にかけて多量の雲粒なし降雪が あった5層。その後2/18,19は冬型気圧配置 で雲粒付き降雪6層が積もった。 雲粒なしの、単純な形の結晶(角版・広幅)は 変態が遅く、長く積雪中に保存される。 これらは弱層を形成する。

前前号(第33号)で示した粒子撮影グッズ を本格的に使用。魔法のグッズだ。割りば しが使える我々には、「いとも簡単にきれ いな写真が撮れる」。この魔法は素晴らし い。



34号の低気圧性降雪による雲粒なし降雪層には、今回沢山の角板状結晶が残っていました。今後の変化に注目します。
file20200221屯田.pdf
20200221屯田.jpg
2000x1125 548.1KB


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Copyright © 2007-2020(公社)日本雪氷学会北海道支部雪氷災害調査チーム