(公社)日本雪氷学会 北海道支部
雪氷災害調査チーム
ログイン
雪氷災害調査チームへの問い合わせサイトマップ:  
»HOME  » ニュース  » 雪氷災害調査チームからのお知らせ  » 雪崩サーチ&レスキュー講習会 in 立山」開催のお知らせ
目次
Wiki 最新記事
RSS


問い合わせ
(公社)日本雪氷学会
北海道支部
雪氷災害調査チーム
事務局
::問い合わせ::
訪問者
Today
Yesterday
Total
FROM 2007/11/20
雪氷災害調査チームからのお知らせ : 雪崩サーチ&レスキュー講習会 in 立山」開催のお知らせ
投稿者 : snow 投稿日時: 2018-02-18 17:41:08 (4589 ヒット)

雪崩事故防止研究会および雪氷災害調査チームメンバーの尾関、榊原健一、石田、あべ、雪氷災害調査チーム&防災科研&雪氷学会北信越支部の山口悟、中村一樹、上石勲、 そして、雪氷災害調査チームの立本明広、佐々木大輔が検討を進めていましたが、公社)日本雪氷学会北信越支部と雪崩事故防止研究会は、スイスよりマニュエル・ゲンシュワイン氏、カナダより、カナダ雪崩協会プロフェッショナルメンバーであり、カナダ雪崩協会のAvSARAS(Avalanche Search and Rescue Advanced Skills)コ−スの講師である藤村知明も招聘し、国立登山研修所(富山県立山)で、雪崩サーチ&レスキュー講習会を開催することとなりました。

講習会開催について、お知らせします。

雪氷災害調査チームでは2015年より、雪崩サーチ&レスキューの研究者、教育者として国際的な権威であるマニュエル・ゲンシュワイン氏を招聘して講習会を開催、最先端とされるサーチ&レスキューのメソッドを学ぶ機会を得てきました。

「雪崩教本」(雪崩事故防止研究会・雪氷災害調査チーム編、山と渓谷社)の共著者であるマニュエル・ゲンシュワイン氏の雪崩サーチ&レスキューは、科学的知見に基づき改良されてきた方法でヨーロッパ、北米はじめ、世界各国で講習会を通じて普及され、ICAR(国際山岳救助委員会)の最良の雪崩救助の方法に関するワーキンググループが推奨する方法に採用されました。2017年冬よりICAR、UIAA(国際登攀登山連盟)、ENSA(フランス国立スキー登山学校)、SLF (スイス国立雪と雪崩研究所)、IFMGA(国際山岳ガイド協会)が後援するMountainsafety.nfo(http://mountainsafety.info)という独立した組織で開発、普及活動を行っています。事務局は、SLF (スイス国立雪と雪崩研究所)に置かれています。

以下、講習会の概要です。

主催:公社)日本雪氷学会北信越支部と雪崩事故防止研究会
後援:日本山岳ガイド協会(予定)、日本ICAR委員会
期間:平成30年3月20日(火)〜22日(木) 3日間
開催場所:国立登山研修所
受講料:60,000円(宿泊・食費を含む)
定員:15名 申し込み締め切り:3月12日(月)

※詳細は【開催要綱(申し込み書)】を参照して下さい
実行委員長:佐々木大輔(国際山岳ガイド、雪氷災害調査チーム)
実行委員: 山口悟(防災科学技術研究所、雪氷災害調査チーム)
     飯田肇(立山カルデラ博物館)、
    阿部幹雄(雪崩事故防止研究会、雪氷災害調査チーム)、
    石田淳一(雪崩事故防止研究会、雪氷災害調査チーム)

実行委員会事務局:雪崩事故防止研究会事務局
   Tel 011-521-0767 Fax 050-3737-4757
   E-mail:info@assh1991.net
   〒064-0921 札幌市中央区南21条西8丁目 石田商店内

0コメント

カレンダー
前月2022年 8月翌月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
予定 予定  
災害 災害  
ニュース ニュース  
記事 記事  
天気情報
今日の予定
予定なし
今後の予定
予定なし
Copyright © 2007-2022(公社)日本雪氷学会北海道支部雪氷災害調査チーム