(公社)日本雪氷学会 北海道支部
雪氷災害調査チーム
ログイン
雪氷災害調査チームへの問い合わせサイトマップ:  
»HOME  » Wiki  » B-Wiki - 事例/2015/12-30旭岳 の変更点
目次
Wiki 最新記事
RSS


問い合わせ
(公社)日本雪氷学会
北海道支部
雪氷災害調査チーム
事務局
::問い合わせ::
訪問者
Today
Yesterday
Total
FROM 2007/11/20
(公社)日本雪氷学会 北海道支部
雪氷災害調査チーム


 #navi(../)
 //一般OK
 ***履歴 [#lb58d877]
 RIGHT:2015年12月31日作成, 2016年01月02日更新
 #contentsx
 
 **災害調査 課題名 [#o744b7b7]
 #div(start,float:left)
 |~ 研究代表者|&areaedit(){雪氷災害調査チーム・阿部幹雄};|~実施期間|&areaedit(){2015-2016シーズン};|
 |~ 研究参加者|>|>|&areaedit(){宮下 岳夫 (アルパインガイドノマド) [リーダー]&br;大西 人史	(三段山クラブ)&br;尾関 俊浩 (北海道教育大学)&br;榊原 健一 (北海道医療大学)&br;佐々木 大輔 (GUIDE BANKEI)&br;中川 伸也 (Natures)&br;青木 倫子 (Mountain flow) [協力]};|
 #div(end)
 #div(clear)
 **[目  的] [#q994ecfb]
 2015年12月30日に旭岳で発生した雪崩の調査。&color(red,){【速報】};
 
  注)速報であり,本報告までに、編集によりデータが追加され、数値等は変更される可能性がある.
  また、破断面の観察についての詳細データはまとめ次第、報告する予定である。
  
 **[災害の概要] [#s0c3a812]
 -2015年12月30日11:40、旭岳の通称奥盤の沢(裏盤の沢)で雪崩が発生し、スノーボーダーが巻き込
 まれたとの目撃証言があった。道警山岳救助隊および自衛隊による捜索が12月30日、31日と実施されたが、
 雪崩トランシーバーの信号受信およびプローブヒットによる埋没の確認はされず、また、宿泊施設に帰ってこ
 ない客もいない、駐車場に放置車両もない、捜索願も出されないなどから、雪崩に埋没したスノーボーダーは
 いなかったと判断し、31日15時過ぎに捜索は打ち切りとなった。
 **[実施内容] [#ydbd71d0]
 - 2015年12月31日05:00に札幌からの調査メンバ出発。
 - 2015年12月31日08:00に東川からの調査メンバと合流し7名で打ち合わせ。
 - 2015年12月31日09:00に旭岳ロープウェイ始発便に乗車し、姿見駅に移動。
 道警捜索現地本部と打ち合わせし、許可を得て、雪崩発生現場に立ち入り、
 破断面の調査、雪崩発生地点の調査を実施した。
 - 2015年12月31日15:30、調査メンバ、下山。
 **[成果と効果] [#e04f4a09]
 *** <雪崩の概要> [#z3612fc0]
 
 -発生時刻: 2015-12-30 12:10 (およそ,目撃情報による)
 -発生時刻: 2015-12-30 11:40 (およそ,目撃情報による)
 -面発生 乾雪表層雪崩
 -トリガーはスノーボーダー(目撃情報による)
 -トリガーはスノーボーダー.雪庇崩落を伴う(目撃情報による).
 -調査日時: 2015-12-31 10:30--15:00
 ***<規模、破断面の特徴> [#i7ad8cc6]
 #div(start,float:left)
 |~破断面(調査地点)|~緯度|N43˚39'04.1''|~経度|E142˚49'29.6''|~標高|1,475 m|
 |~|~方位|南西|~長さ| 69.9 m (直線距離), 82.5 m (総長)|~厚さ|96 cm(滑り面は 積雪表面より120 cm深)|
 |~|~斜度|積雪表面 47°, 滑り面 41°|~雪質|>|>|融解凍結層(ざらめ+こしまり)の上のこしもざらめ 粒径 0.2-1.0 mm|
 |~破断面からデブリ末端まで|~距離|約 360 m|~標高差|約 217 m|~走路の幅|約 30 m|
 #div(end)
 #div(clear)
 ***<雪崩範囲> [#tb943fe2]
 #div(start,float:left)
 |&attachref(旭岳盤の沢雪崩全体図.jpg,zoom,430x240,button){画像貼り付けボタン};|&attachref(旭岳盤の沢雪崩拡大図.jpg,zoom,320x240,button)){画像貼り付けボタン};|
 |&areaedit(){地図1.雪崩範囲図};|&areaedit(){地図2.雪崩範囲拡大図};|
 |>|背景地図等データは国土地理院の[[電子国土Webシステム>http://maps.gsi.go.jp/]]を利用した|
 // #addline(写真,below|btn:写真列追加)
 #div(end)
 #div(clear)
 ***<破断面,発生区写真> [#w59e586a]
 #div(start,float:left)
 |&attachref(PC310076.jpg,zoom,240x180,button){画像貼り付けボタン};|&attachref(PC310077.jpg,zoom,240x180,button)){画像貼り付けボタン};|&attachref(PC310070.jpg,zoom,240x180,button)){画像貼り付けボタン};|
 |&areaedit(){写真1. 破断面写真.&br;上部破断面と側部破断面の一部};|&areaedit(){写真2.破断面写真&br;上部破断面一部と側部破断面.};|&areaedit(){写真3.破断面写真.&br;下部より見た上部破断面};|
 // #addline(写真,below|btn:写真列追加)
 #div(end)
 #div(clear)
 
 ***<破断面調査結果> [#i5e7a04e]
 -確認されたスノーボードまたはスキーのトレース3箇所のうちの1つを選択し破断面の調査をおこなった.
 -破断面調査の東側すぐ横でシャベルコンプレッションテストを2人が各々2回実施し,
 破断した弱層において, CTE, CTMx3 (SP) の結果(佐々木: CTE5, CTM13, 中川: CTM20, CTM13).&br; &br;
 
 #div(start,float:left)
 |&attachref(破断面.jpg,zoom,293x400,button){画像貼り付けボタン};|&attachref(snowLayerCap.png,zoom,171x400,button){画像貼り付けボタン};|
 |&areaedit(){写真3. 破断面に対して垂直な面の積雪断面};|&areaedit(){図1.破断面の積雪構造.};|
 #div(end)
 #div(clear)
 #div(start,float:left)
 |&attachref(SnowPackObservation.png,zoom,796x344,button)){画像貼り付けボタン};|
 |&areaedit(){図2.破断面の積雪観察結果.赤線が破断した弱層の存在する高さ.};|
 // #addline(写真,below|btn:写真列追加)
 #div(end)
 #div(clear)
 ***<破断した弱層> [#h1c02188]
 - 地表から90-91 cmの層で破断が確認された.
 - 90-91 cmの層の雪質は,しまり雪とこしもざらめ雪(写真4).
 
 #div(start,float:left)
 |&attachref(FConWL.jpg,zoom,240x180,button){画像貼り付けボタン};|
 |&areaedit(){写真4. 90-91 cmの弱層の結晶.&br;こしもざらめ雪の角張った結晶が観察される.&br;ゲージは3 mmピッチ.};|
 // #addline(写真,below|btn:写真列追加)
 #div(end)
 #div(clear)
 ***<走路と堆積区> [#ce2e84a2]
 **[成果の発表・貢献] [#m410cf21]
 #div(end)
 #div(clear)
 
 #pbreak()

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Copyright © 2007-2019(公社)日本雪氷学会北海道支部雪氷災害調査チーム